冷え症に悩む人は夏も辛い!だからこそ早めの対策をしよう

考える人

貧血の原因と対処方法

「貧血」という言葉を聞くと「血が足りない」と思われがちですが実はそうではなく「血中のヘモグロビンが減少している」状態を指します。ヘモグロビンは体内に酸素を運ぶ役割をしていますが、そのヘモグロビンが足りないと体の中の酸素が足りなくなり一時的な酸欠状態となります。それが貧血症状なのです。貧血を放置しておくと冷え症をはじめ、生理不順や頭痛など様々な症状を引き起こしてしまいます。中には重大な疾患の初期症状の可能性も否めませんので、日ごろから鉄分やレシチンなどの摂取を心掛けましょう。

冷え性の改善に効果的な方法

女性特有の体の悩みで多いのは「冷え症」です。約7割の女性が冷え症に悩まされており、夏でも冬でもお構いなしに手足の末梢神経の血流が悪くなり手足が冷えきってしまう症状が特徴です。特に夏はエアコンによる冷えと、外の暑さとの気温差で副交感神経に乱れが現れやすく、頭痛やだるさの原因にもなります。また、「冷え」は手足のむくみや、貧血、自律神経失調などの未病の元を抱えてしまうため、早めの対策が必要です。冷え症の対策としては、冬場の薄着を控える、お風呂にゆっくり入る、ショウガなどの温熱効果のあるものを摂取する、レシチンや黒酢などのサプリを摂ることも効果的です。

レシチンを取り入れるメリット

大豆や卵黄から抽出される「レシチン」は肝臓に多く含まれるリン酸脂肪の一種です。細胞の生体膜を構成する成分で実は人間の脳に一番多く含まれていますが、体内では作りさせないので外部から摂取しないといけません。血中脂質改善効果や肝臓に対する効果が期待できるほか、血液をサラサラにして血流を良くするため、貧血や冷え症にもいいとされています。脂肪分や血糖値、コレステロールなどの生活習慣病に悩まされる人にもレシチンは強い味方です。効率良く摂取して体内のレシチンを不足させないようにしましょう。

冷え性や貧血が体にもたらす悪影響

女性特有の悩みでもある「冷え症」や「貧血」は「未病のもと」と言われるくらい、放置するとあらゆる病気や疾患を引き起こします。例えば、手足がむくんだり、目まいや頭痛が頻繁に起こるようになったり、神経症はリウマチを引き起こす可能性もあります。また冷え症や貧血など血流が悪い状態で生活を続けると、動脈硬化や動脈血栓の危険性も否めません。高齢者などは寒い日に低体温症になるケースもありますので、レシチンや鉄分などのサプリンメントを摂取するなどして日ごろから血流に気を配りましょう。

[PR]
眼精疲労の改善方法とは?
目の健康を守ろう

冷え症と末端冷え性の違いとは?

冷え症とは

冷え症とは体全体はそこまで寒くないのに、部分的に体に冷えを感じる症状を指します。手足の冷えが一般的ですが、下腹部や腰の部分などに冷える状態も冷え症の症状と言えます。夏のエアコンなどで外は暑いのに体全体が冷える事も冷え症の症状です。

末端冷え症とは

末端冷え症とは血流の悪化や基礎代謝の悪化により手足などの末端が冷える症状を指します。体に熱を運ぶ血流が滞ると体の末端には熱は伝わらず、結果的に手足が冷えてしまうのです。原因として血管の中の老廃物などが血流を妨げているので、レシチンなどを摂取して血流を良くすることをおすすめします。

冷え症と末端冷え症の違いとは

冷え症と末端冷え症の違いは体全体、もしくは体の一部が寒いか、体の末端部分が寒いかの差があります。冷え症には末端冷え症の他にも内臓型冷え症、下半身型冷え症などの症状があります。どちらも貧血などにつながりますのでレシチンやショウガなどで血流を良くする必要があります。

[PR]
冷え症の悩みを軽減☆
サプリメントを生活に取り入れよう

日頃から対策を練ることが大切

冷え症も貧血も日ごろから対策をすることにより症状を改善する事が可能です。改善方法として、お風呂にゆっくり入る、血流を良くするストレッチをすなどの他、温熱効果のあるショウガを摂取したり、血液をサラサラにするレシチンを摂取するなどして対策をすることをおすすめします。

[PR]
レシチンの効能を徹底解説☆
脳の衰えを防ごう

広告募集中